孫正義の焦燥 大西 孝弘

ISBN:

Published: June 16th 2015

Kindle Edition

213 pages


Description

孫正義の焦燥  by  大西 孝弘

孫正義の焦燥 by 大西 孝弘
June 16th 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, AUDIO, mp3, RTF | 213 pages | ISBN: | 10.80 Mb

ソフトバンクの孫正義社長は現役最強の経営者だ。しかし、このままでは歴史に名を残す経営者にはなれないのではないか。本書では孫社長や関係者へのインタビューを基に、そんな問いを投げかける。この3年ほどソフトバンクは、米国本格進出やアジア企業への投資、ロボットやエネルギー事業への参入と業容が急拡大している。孫社長は個別事業の説明はしてもメディアの個別取材を受ける機会が激減し、経営の全体像が見えにくくなった。その間に、ソフトバンクが大きな課題に直面している。課題の1つは、Moreソフトバンクの孫正義社長は現役最強の経営者だ。しかし、このままでは歴史に名を残す経営者にはなれないのではないか。本書では孫社長や関係者へのインタビューを基に、そんな問いを投げかける。この3年ほどソフトバンクは、米国本格進出やアジア企業への投資、ロボットやエネルギー事業への参入と業容が急拡大している。孫社長は個別事業の説明はしてもメディアの個別取材を受ける機会が激減し、経営の全体像が見えにくくなった。その間に、ソフトバンクが大きな課題に直面している。課題の1つは、2013年に買収した米携帯電話3位のスプリントの低迷だ。市場からは「スプリントを売却するのではないか」との声が出始めている。2つ目の課題は、急速に拡大した事業構造だ。ロボット事業やエネルギー事業、海外ネット関連企業へ出資と拡大路線をひた走っている。その半面で、国内事業が手薄になっている。課題の3つ目は収益基盤である国内事業の成長鈍化だ。世界ではM&A(買収・合併)など攻撃的な経営を貫いているものの、国内においては現金を稼ぐための守りの姿勢が目立つ。挑戦者というイメージを持っていた顧客は、変節と捉えかねないӍ



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "孫正義の焦燥":


queenhyte.com

©2010-2015 | DMCA | Contact us